AGA治療薬の耐性|おすすめの発毛剤で髪が見違える|すぐに実感

おすすめの発毛剤で髪が見違える|すぐに実感

男性

AGA治療薬の耐性

紳士

効果が薄れるのは本当か

大阪でプロペシアが初めて発売されてから、すでに約10年が経過しています。この間に多くの方が抜け毛の抑制や発毛促進効果を実感しており、飲んで治せるAGA治療薬として安定した人気を誇っています。しかし長期間にわたって服用している方の中には、再び薄毛が進行しはじめたと訴える方もいます。プロペシアに耐性ができて、長く続けていると効果が薄れるのではないかという疑問が、大阪のクリニックにも寄せられています。結論から言えば、プロペシアに耐性ができるというエビデンスはありません。ただ脱毛抑制効果だけでは変化を実感しにくいため、効いていないように感じる可能性があります。また長年のうちに生活習慣が変わり、頭皮に悪影響を与えていることも考えられます。

専門クリニックに相談を

プロペシアが効かなくなったと感じたら、まずクリニックに相談することが第一です。大阪にはAGA治療専門のクリニックが数多くあるので、セカンドオピニオンを求めてみるのも良いでしょう。最も良くないのは、自己判断で薬の量を増やしたり、反対にやめてしまったりすることです。プロペシアは多ければ多いほど効くわけではなく、大量に服用すれば副作用の危険も高くなります。また服用を中止すれば、急に抜け毛が多くなる恐れがあります。大阪にはプロペシアより効果の高い治療薬を取り扱っているクリニックもありますし、外用薬との併用や生活習慣の改善など、さまざまなアドバイスをしてくれます。AGAは根気よく治療することが大切です。